2009年09月22日

44 東北ファーストトリップ(小国玉川1◆85)

水位:0.93m(玉川) 気温:21℃(小国) 天気:曇り時々晴れ
区間:中田山崎〜手ノ倉沢(交代)〜?? メンバー:ぺーさん、シバさん、takeさん、さっちゃん、tetsuさん、FCK元やん、Solaさん、後輩1号、川太郎(回送)


 齢32にして初めて東北の大地を踏みしめました。FCK元ヤンには幾度となく彼の地へお誘いいただいており、最初の訪問は福島県が濃厚と思ってたんですけどね。実際足を踏み入れたのは山形県は小国町でした。集合場所である「道の駅白い森おぐに」までの距離は約400km。ウチから長良川までの距離とほぼ同じです。所要時間は途中で食事休憩しながらでおよそ5時間半でした。

 今日ご一緒するメンバーは、関東からtakeさんとさっちゃん。そして地元東北勢にFCKの元ヤンとソラさん、仙台からはtetsuさん、ぺーさん、シバさんが来られました。ぺーさん、シバさんとは初対面です。
 行き先は荒川支流、玉川渓流。パドラーの間では「小国玉川」と呼ばれる清流です。

 玉川(小国玉川)は、飯豊山(いいでさん;標高2,105m;日本百名山)を水源とし、北流して小国町玉川にて荒川(小国荒川)左岸に流入する荒川水系の一級河川です(流路延長、流域面積は不明)。
 ちなみに本川の荒川も、平成20年全国一級河川水質ランキングで第1位に輝くほどの清流として知られています。

 このところ渇水続きで水量は過去最低らしく、下れるかは微妙なところらしいです。確認のために新田橋から崖下を覗いてみました。

090922ogunitama002.jpg

 眼下を流れる渓流は、思わず息を呑むほどの透明度でした。一口に「清流」といっても、ピンからキリまでありまして、例えばご近所の御嶽や桂川だって私は清流だと思っています。ここの「清流」は、ピンと断言してよいでしょう。橋からの眺めに、すっかり心を奪われてしまいました。
 水量は、ザラ瀬がちょっと厳しいかなという印象ですが、何とか下れるレベルにはあるように感じました。というか、これだけ完璧に近い透明度を誇る川なら、瀬ごとに歩く羽目になっても別に構いません。
 シバさんがみんなの意見を聞き、航下区間を設定しました。今日はこの方がリーダーのようです。後で漕ぎっぷりを見たり話を聞いた限りでは、私など足元にも及ばない、相当に経験を積んだ方のようです。

 プットインは、発電放水口のある中里のバス停からとなりました。ここから上流にもプットイン地点があるようですが、減水区間のため厳しいと判断されたようです。
 なお、ここが「中流コース」のプットインのようです。本日の航下コースは「中流コース」と「下流コース」を足したロングコースで、テイクアウト地点は赤芝ダムのバックウォーターに近い玉川地区の入川道。ここは私有地で立入禁止となっていましたが、ソラさんが事前に地主に挨拶に伺い、許可を得ていたようです。中間地点は手ノ倉沢出合。「下流コース」のプットイン地点でもあります。

 ◆川地図作成中

 川までの長い長い道を担ぎ歩いてようやく川原に到着。周辺は、大きな岩が転がるゴーロ帯でした。そして川の水は、雲間から光が差し込むと森の緑を溶かし込んだようなエメラルドグリーンに映えています。まさに宝石の輝きでした。

090922ogunitama011.jpg

 今まで下った中で最高クラスのキレイな川といえば、紀伊半島の赤木川、大塔川、小川がまず思い浮かびますが、それらに匹敵するほどの特Aクラスだと思います。ただ、水量は小国玉川のほうが圧倒的に豊富で、この規模の川でこの透明度を維持できている点では紀伊半島の三川より貴重と言えるかもしれません。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 19:23| Comment(6) | TrackBack(2) | 東北>小国玉川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする