2009年04月26日

17 巡礼ハイランド(那珂川1◆80)

水位:1.24m(黒羽) 気温:14℃(黒磯) 天気:快晴!
区間:那珂川橋(油井)〜那珂川疎水公園(x.xkm) 所要時間:約2時間
メンバー:Actonさん、元やん、takeさん、花鳥、後輩1号&川太郎(回送)


 ついに訪れることができました。パドラーが聖地、「関東随一の清流」那珂川。
 那珂川は、那須岳(標高:1,917m)を水源とし、那須野ヶ原を南東から南に流れ、余笹川、箒川、武茂川、荒川等を合わせて八溝山地を東流した後、平地部で南東に流れを変え、太平洋に注ぐ、幹川流路延長150km、流域面積3,270 kuの一級河川です。

 カヌーを始めた頃は、「日本最後の清流」四万十川と並ぶ憧れの地でした。しかし、四万十巡礼が早々に実現したのに対し、那珂川にはとんと縁がなく、結局13年の月日が過ぎ、順番としては80本目となってしまいました。しかも訪れた場所は『55マップ』にある烏山〜御前山のようなオーソドックスな巡礼コースとは異なる、那須高原コース。超マニアックです。


より大きな地図で 那珂川(油井〜疎水公園) を表示

 目の前には、当初の憧れだった那珂川のイメージとはかけ離れた急流が轟音を立て、渦巻いています。

090426nakagawa01.jpg

 このマニアックセクション、実は最初に着目したのはActon氏でした。はじめに話が出たのは2月。氏の仕入れられた情報によれば、黒羽観測所水位で100cmが最低ラインとのことでした。ただ、当時の水位は80〜90cmの間を推移し、また3月は解禁月なので遠慮しておりました。
 ちなみにこのセクション、情報がまったく存在しないわけではなく、古いものでは「七厘会」さんのページに簡潔ながら記録が残っています。また、YouTubeにも瀬を下るムービーが散見されます。少ない資料から川相を夢想しつつ、雌伏の時を過ごしていましたが、待ちわびていた時がいよいよやってきました。金曜日時点で90cm台前半をキープしていた水位が、昨日のダメ出しの雨(黒羽の累加雨量:34mm)で急上昇。水位は再び100cmの大台に乗り、最大で127cmまで上昇しました。基準100cmで120cmオーバーはちょっと増えすぎちゃうかと、逆に心配になってきましたが、Acton氏の最新情報によれば110cmはないと逆にしんどいらしい。

 そして夜が明ける。川崎の朝は清々しい青空が広がっていましたが、東北道を北上するにつれ、雲行きが怪しくなり、栃木県内に至りついに雨が降り出しました。宇都宮市以北に至っては、単純に雨というには生ぬるい、篠つくような雨でした。
 疎水公園にて落ち合った当初、みなさん天気に比例して浮かない顔でした。雨は小降りになっていたものの、何といっても寒い。そういや、東北道の電光掲示板には8℃って出てました。さすが高原ですわ。
 しかし、俄かに奇跡が起こる。西の空に青空が現れたと思ったら、みるみるうちに雨雲の占める割合が小さくなり、間もなく待ち望んでいた太陽が顔を覗かせました。まさに天佑。神のご加護を感じないではいられませんでした。

 プットイン地点に到着した当初、川は暗く、冷たく重い印象で、メンバーには悲壮感すら漂っていました。去年下った日原川の思い出が脳裏をよぎる。しかし回送から戻ってみると、これが同じ川かと目を疑うほどに雰囲気が変わっていました。コバルトブルーの水面は陽光を浴びて煌めき、波の白と空の青と、そして山の緑が一際鮮やかに浮かび上がっています。

090426nakagawa09.jpg

 天気や気温が精神面(気分やモチベーション)に与える影響には計り知れないものがあり、不思議なもので、途端に気分まで晴れやかになります。最も分かりやすかったのはActon氏。川を前にはしゃぐ姿を見ると子供となんら変わりありません。この御大、平日社会におけるヒエラルキーのかなり上位に位置するはずですが…。
 何はともあれ皆さんのご機嫌が麗しゅうなったところでいよいよスタート。

 最初から大きめの瀬が待ち構えています。さしものリンクスでも、スピードと角度を誤るとひっくり返されそうなくらいのパワーがあります。スタートから断続的に続く瀬は、川筋が右手にカーブするところでいったんフィニッシュ。最後を締めくくるのは巨大なストッパーウェーブでした。

090426nakagawa19.jpg

 ここを過ぎると穏やかな流れが待っています。ここで花鳥が念のためリバーサインの確認と、航下順を確定しておきましょうと提案。えらいですね。さすが神様です。
 しばらく漕ぐと、川筋が二手に分かれていました。より流量の多い左岸側ルートを選択。分岐点あたりから再び瀬が始まる。振り返ると、はるか先に残雪抱く那須岳が見えます。両岸に並ぶ木立には針葉樹が混じっています。おそらく亜高山帯のためでしょう。信州の高瀬川に何となく感じが似ています。

090426nakagawa26.jpg

 分岐が終わり、川の流れが再び出合う箇所に大きめのポアオーバー発見。しかしフネから瀬の終わりが充分見えるので、バンクスカウティングなしでそのまま突入。

090426nakagawa28.jpg

 白色に輝く飛沫が顔に被さって、冷たいけど超気持ちいい。



続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 23:34| Comment(12) | TrackBack(1) | 関東>那珂川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする