2009年10月12日

49 第16回長良川WWFダウンリバー/三日目(長良川3)

水位:0.38m(稲成) 気温:17℃(八幡) 天気:快晴 区間:新三日市橋〜子宝温泉下
メンバー:UNKO-MAN 応援:後輩一号、川太郎


 第16回長良川WWFも、いよいよ最終日を迎えました。最終日の種目はダウンリバー。航下区間は、昨年同様に、新三日月橋から子宝温泉までの約8kmです。

 初日スプリント予選では2位でしたが、決勝では逆転1位を飾り、総合1位。二日目スラロームでは3位に沈み、総合2位にダウンしました。とはいえ、1位の美並カヌークラブとのポイント差は15ポイントと僅差。もし今日勝つことができれば、逆転優勝です。

 展開的には、かなりドラマチックです。が、現実は甘くない。
 客観的に考えれば、おそらく美並カヌークラブのほうが速いでしょう。短距離では、ほぼ互角ですが、距離が長くなると、向こうが上です。とにかくスタミナがすごく、最後までスピードが落ちない。美並カヌークラブのリーダー、社長と私とは12歳離れています。UNKO-MANなんか22歳差です。普通に考えれば、若い我々のほうが有利なはずで、事実、過去数年をかけて、圧倒的だった差を徐々に詰め、今こうして優勝争いに持ち込めるようにはなりました。しかし、あとちょっと、という差がどうしても埋まりません。美並の社長は、毎朝10km走るのが日課で、その他ジム、水泳などで身体を鍛えるのに余念のない日々を送っているアスリートです。私も鍛えたいとは常々思っているのですが、思うだけで実行したことはありません。スーツを着るとベルトがきつくて、ダイエットせなあかんなあと感じながらも意志薄弱で減食すらできない日々。ここの差でしょう。

 しかし、僅かながらも勝機はあると考えています。
 かつては、純粋に速く漕ぐことだけを考えていました。しかし今は、相手の存在も合わせて戦略を考えるようになってきています。ダウンリバーでは、H2Hのような直接的なぶつかり合いはなくても、様々な駆け引きが繰り広げられる場面が多々生じます。小細工を弄しているようにも感じるので、駆け引きは正直言ってあまり好きではありませんでした。しかし自分たちより速いチームに勝とうとすれば、ここに工夫を凝らさずして他に方法はありません。
 以前は、自分たちより速いことを受け入れるのが悔しくて、だから駆け引きするのもあまり好ましく思えませんでした。しかし今は美並カヌークラブとの厳然とした差を、割と素直に受け入れられます。駆け引きを考えるのも、逆に面白いとさえ感じています。

 作戦は、いくつか考えました。ただ、過去の経験から考えて、状況は常に変化しており、アタマで考えていても、実際には使えない場面も多い。運にも大いに左右されます。はたして幸運は舞い込んでくるのか。

 出艇順は、RJ1→RJ2→ダッキー(インフレ)で、下位順に2艇同時、1分間隔となります。2位の我々、1位の美並カヌークラブが同時出艇。去年と同じシチュエーションとなりました。コース優先権は美並カヌークラブにありましたが、若干不利と思われる左岸側を選択しました。

091012wwf43.jpg

 昨年は、会長の立てた体力温存作戦に基づき、美並チームの後方につこうと企んでいましたが、相手も同じ狙いで図らずも先行し、煽られまくった結果、序盤でスタミナ切れを起こしてしまいました。美並があえて左岸側を選択した意図を考えれば、今年も同じ作戦を使ってくる可能性は非常に高い。

 かつては、全力を出さず、わざとスピードを落とすことに大いに抵抗がありました。勝つための最良の策、とアタマでは分かっていても、気持ちの面で納得できなかったのです。始めからアクセル全開の先行逃げ切りこそが信条でした。しかし今年は、スピードに緩急をつけることを含め、勝つためにあらゆる手を使うことにむしろ積極的になっています。だって、謀略を駆使して、自分たちより速いチームを破るってすごい楽しそうやないですか。発想の転換ですね。
 この作戦の遂行には、相方のUNKO-MANの協力が不可欠です。私の考え方は、自分たちの方が遅いというのが起点になっているので、深く話すことはしませんでしたが、ペース維持のために序盤は後方につくというのは賛同してくれました。

 さあいよいよ運命のスタート。本来、タイミングが命のランニングスタート形式ですが、今回はどうでもいい。数秒遅れてスタートラインを越える。そしてそれは、相手も同じでした。明らかにスピードを落としていて、しばらく探り合いの状態が続きました。

091012wwf13a.jpg

 スケボーの瀬で、先行させることに成功。第一ステップはクリアしました。次なるステップは付かず離れず、金魚のフンのごとくトレースします。そして、核心部ともいうべき第三ステップは、セタラズで秘策を用い、逆転。その後、第四ステップとして、攻守入れ替わり、ゴールまで逃げ切りに入る。戦略の概要は、以上のようなものです。

 第二ステップでは、秘策成功率向上のため、極力先行チームがいない状態にする必要がありました。というのも、1分前に出艇した流の会、あけぼのタイフーンの2チームには秘策の内容を話していました(話した時点で、もはや秘策と呼ぶのは矛盾してますが)。また、他にも使おうと考えているチームもいるかもしれません。もし、目の前で使われるようなことがあれば、間違いなくパクられるでしょう。
 理想的には、セタラズに至るまでにダッキー全チームをぶっこ抜くのが一番なんですが、さすがに厳しいでしょう。1分前に出たあけぼのタイフーンなど、差を詰めることすら難しいかもしれません。また、美並カヌークラブが先行しているので、ペースコントロールもできません。最終的には、運任せです。

 美並チームのペースは、初めはゆっくりとしたものでした。逸る気持ちを抑え、ぴったりと後に付く。リョウヅキでフリップしたと思しきスプラッシュキッズを追い抜く。まずは一艇。
 場が動き出したと感じたのは、円空の瀬でした。あけぼのタイフーンがエディーにいましたが、一人しか乗っていません。どうも、岩壁でフリップしたようです。これを機に、均衡が一気にガラガラと崩れたような気がします。円空を過ぎた瀞場から、俄かに美並チームのペースが上がりました。
 去年と比べて、残り体力は充分なはずでしたが、はじめ1mもなかった差が、3m,そして5mとじりじり引き離されていく。ここが踏ん張りどころと必死で追い縋った結果、ほぼ全力疾漕となり、ふれあい広場手前で流の会をついに捉えました。

091012wwf17.jpg

 3位〜5位チームを追い抜けたことで、展開は理想的なものになってきました。いよいよセタラズに突入。第三ステップです。入り口で、さらに6位のくわ家も追い抜く。
 前方には、ラフトとダッキー1艇がいました。ラフトは無視していいでしょう。気になるダッキーは、7位の一橋大学です。ここまで詰めたら、何としても秘策を成功させたい。美並との艇間は約10mでした。何とか、ひっくり返せそうな距離です。
 しかし、一橋は行ってほしくない場所に向かっています。まさか、まさか。
 ギニャー、ホンマに行ってもうたー!
 美並カヌークラブが、バウを急旋回して一橋に合わせ、トレース態勢に入るのが見えました。ああ〜、ここまで来たのに…。

 しかし、ここで思いがけない幸運が舞い降りてきました。一橋が、瀬の中央で一瞬スタック。コースを塞がれるような形となり、美並チームは図らずも左岸側へと流されていったのです。
 うわっ、めちゃめちゃラッキーやん。満を持して秘策を用い、成功させました。

 見事、逆転です。やった!

続きを読む

タグ:レース
ニックネーム ラナ父 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

48 第16回長良川WWFスラローム/二日目(長良川2)

水位:0.44→0.43m(稲成) 気温:21℃(八幡) 天気:快晴 区間:三段の瀬
メンバー:UNKO-MAN 応援:義父母、後輩一号、川太郎


 6時に起床。昨晩はやたら寒くって何回も目が覚めたとはいえ、11時間も寝たので体調は万全です。

 長良川WWF二日目はスラローム。三段の瀬約500mに設置された合計12の旗門(ゲート)を通過してタイムを競う競技です。インフレ部門は、うち8番と12番が免除されます。別に、免除されなくてもいいんですけど。

 チームによっては何週か前から想定練習したり、またくそ寒い中(今朝の最低気温は7℃台!)、早朝から現地に来て練習しているところもあります。私にはもう、そんな元気はありませんが、さすがにイメトレだけは事前にやっておくことにしてます。

 今年のゲートは、大変ユニークな配置でした。
 最初は1番ダウンと2番アップのコンボ。過去に経験したことがない位置です。とにかく浅い。浅瀬の中を、スタックに気をつけながら1番を抜け、2番の右岸側にある比較的流れの緩やかな場所に入って遡る。エディーと呼べるような場所がありません。1番で勢いをつけすぎて下流に流されすぎると、遡上はムリです。もし不通過かますとしたら、ここでしょう。

091011wwf12.jpg

 3〜5番は何の変哲もないダウンゲートでした。
 難所は次の6番アップ、7番ダウンのコンボです。
 これも初めて見ました。なんと、7番の下流に6番があります。はじめ目を疑いました。ようこんなん思いつきますわ。7番をかわして(6番より先に7番を通過すると6,7番両方が不通過扱いになる)、6番を先に通過し、そのまま漕ぎ上がって7番を越えるという、トリッキーな動きが要求されます。6番は、エディーのど真ん中にありますので、いかに勢いを殺さずに通過できるかがキーでしょう。

091011wwf08.jpg

 9,10番は、三ノ瀬序盤に設置。9番がメインカレントより左岸寄り、10番がメインカレント上にあります。次の11番が左岸ベタベタなので、左→右→左と揺さぶられることになります。

091011wwf07.jpg

 ラストは11番のアップゲート。エディーではなく、本流寄りに設置されていました。漕ぎ上がりがキーとなりそうです。
 ここでは、このイヤらしい位置を逆手に取って、いっそ左岸から回り込んでみては? とUNKO-MANが提案してきました。私のように固いアタマでは、右岸側から回り込むという常識的な動きしかイメージしていませんでしたが、言われてみればなるほど、そのほうが移動距離を短縮できそうです。面白い発想です。これは、相手チームに差をつける決定打となりえるかもしれません。

091011wwf06.jpg

 ◆一本目

 初日のスプリント予選を落としてしまったので、夢だった「全種目完全制覇」は早くも絶たれてしまいました。また、仮に今日1位を獲れたとしても、明日のダウンリバーで美並カヌークラブに敗れれば同点。逆に、今日敗れても明日勝ちさえすれば逆転できます。あけぼのタイフーンなど他のチームが割り込んでくれば話は別ですが、美並カヌークラブとの決着は明日のダウンリバーで決まる公算が大きい。
 そういう意味では何が何でもスラで1位を取らねばという変な気負いがなく、割合気楽に臨むことができました。

091011wwf13.jpg

 今回の下見では、ゲートの位置にしか目が向いておらず、重大な点を見落としていました。

 まず、1番ゲート。すぐ下流の左岸側に位置する2番の存在を考え、フネを左向きにして進入。角度・スピード共に申し分なく、スムーズに2番に入れましたが、1番通過時に左のポールが跳ね上がりました。
 ポールの位置が低い。例年なら、ポールと水面の間は、ラフトボートが通れるくらいの間隔が空いているのですが、水面ギリギリでした。
 同様のことが6番と11番のアップゲートでも起こりました。アップゲートでは最短距離で回転するために、UNKO-MANのアタマの直前まで来て回転動作に入っていますが、これだとフネがちょうどポールの下に入ることになります。そして今回、ここでもポールの位置が低めに設定されており、当ててしまいました。

 そして、11番の奇策が結局実現できず。

 10番を通過してすぐ、一気に左岸に寄せましたが、あるはずの隙間がない。えっ、えっ、と一瞬パニックになりました。
 急遽、右岸から回り込むというオーソドックスなルートに変更しましたが、かなり手前で左岸に寄せてしまったため、当然ロスは大きい。後で聞いたところによれば、ゲートに11の番号を振り忘れたとかで、我々が出場準備に入った後で動かしたらしいですが、その際位置が変わったようです。そんなんアリかよとさすがにムカッときましたが、まあ落ち着いて考えてみれば、この大会ではそういうレベルの事象は日常茶飯事なので、いちいち怒ってもしょうがない。

 結局、接触3回(加点5×3=15)という結果でした。ちょっと、きつい。

続きを読む
タグ:レース
ニックネーム ラナ父 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

47 第16回長良川WWFスプリント/一日目(長良川1)

水位:0.52→0.51m(稲成) 気温:20℃(八幡) 天気:快晴
区間:<予選>ホーセン〜法伝橋 <決勝>三段の瀬 メンバー:UNKO-MAN


 何とか100km圏内まで、と辿り着いた恵那峡SAで、3時半から5時半まで仮眠。6時に再出発し、7時過ぎにホテル郡上八幡に到着しました。
 金曜日は、会社の送別会でした。そのため、自宅を発ったのが24時となってしまったのです。何か食べとかなとコンビニに寄りましたが、パスタを見ただけでおえっとなる始末。朝食は、ウィダーインゼリーで済ませました。

 本日より始まる三連休は、毎年恒例の長良川ホワイトウォーターフェスティバル(長良川WWF)。ラフティングの国際大会と同様、スプリント、スラローム、ダウンリバーの三種目で競う本格的な大会です。
 相方は、探検部の後輩UNKO-MAN。一昨年の本大会以来、ちょうど二年ぶりの再結成です。チーム名は「UNKOとわんこ」となりました。

 ◆予選(ホテル郡上八幡〜法伝橋)

 最初の競技はスプリント予選、タイムトライアル。約1kmの瀞場のタイムレースです。

091010wwf01.jpg


 スタート直前に調整練習しましたが、少し漕いだだけで、心臓がバクバクします。無論緊張のためではなく、睡眠不足のせいです。ここは10歳年下のUNKO-MANの若さに期待しようと思っていましたが、いざ漕ぎ出すと、なぜか彼もへばり気味でした。後で聞くと、昨晩はあまり眠れず、「身体が起きていなかった」らしい。予選を漕ぎ終わった後、吐きさえしたようです。そんな悲惨なコンディションでしたが、持てる力は何とか出せました。満足度はまずまず。

 ゴールの法伝橋でいったん上陸。スタート地点の駐車場で留守番していたラナを迎えにいきました。

091010wwf04.jpg


 決勝の会場、三段の瀬(ビーチ)まではクルマで回送です。リエゾン区間の航下はUNKO-MANにお願いしました。400kmの道のりを走ってきて、ラナが川下りできるのはこの区間だけです。ごめんね。

091010wwf06.jpg


 お詫びの気持ちも込めて、決勝が始まるまでの時間は人気のない川原でまったりしてました。本来はUNKO-MANとパドリングの調整に充てるべきですが、少しでも体力を回復させるほうを選びました。おかげでだいぶ体調は良くなった気がします。

091010wwf11.jpg


 三段のビーチに戻り、UNKO-MANに結果を聞くと、我々のタイムは4分28秒で2位ということでした。1位は美並カヌークラブで差は3秒。3位はあけぼのタイフーンですが、1秒も開いてません。
  美並カヌークラブは、大会に参加するようになってずっと目標にしてきたチームです。いまだにダウンリバーでは足元に及ばないながらも、このタイムトライアルに限っては、過去3年間連続で勝利してきました。しかしここにきて、また元に返されてしまいました。年齢は私と一回りも違うのに、まだこれだけ伸びしろがあるとはと、驚嘆の念を禁じ得ません。
 そして、あけぼのタイフーンとは僅差もいいところ。誤差レベルです。過去の対戦では結構大差をつけていた記憶があったんですが…。

 古豪に復活され、若手に突き上げられてきたなあという感じでした。

続きを読む
タグ:レース
ニックネーム ラナ父 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする