2009年11月29日

56 梁川フレンズ(桂川4)

水位:1.13m(桂川強瀬) 1.77m(大月) 気温:9℃(大月) 天気:曇り
区間:曙橋〜桂川清流センター(約x.xkm) 所要時間:約2.0h メンバー:花鳥、後輩1号&川太郎(回送)


 ここ最近、各地で増水傾向だった水量も、ついに落ち着いてしまいました。桂川のダム放流が継続されないか、ちょっとだけ期待していたんですけど、あいにく金曜日には完全に終わってしまったようです。
 ただ、放流は終わってしまったとはいえ、ロワーセクションに関していえば、平水量は維持されているようです。そういえば、花鳥が、まだ下ったことないとこぼしていたのをふと思い出しました。
 ということで、今週末も桂川に決まりです。

 Actonさんの“My記log”にも記載されていますが、今年のあるタイミングで、大月観測所水位と実際流量の関係に変化が生じたようです。川底が埋められ、水面の高さが嵩上げされたということでしょうか? 委細は不明ですが、現象だけに着目すると、今年の春頃に比して現在は30〜40cm程度水位が高めに出るといった状態が続いています。
 テイクアウト地点で、水量の目安となる岩を確認しました。今日の水位1.77mだと、以前であれば、水没しかかっているはずです

091129katsura01.jpg

 プットイン地点の曙橋まで行くと、面白いものがいました。その瞳は下弦の月で、わんこや馬のように、感情を読み取るのが難しい。しかし、まるで人間のような立派な髭を蓄えています。

091129katsura03.jpg

 動物好きな川太郎はむろん、珍しくラナも興味津々で接近していましたが、あまりにデリカシーに欠けたアプローチに、すっかり怒らせてしまったようで最後には威嚇されてました。こいつには、人間以外の友だちがなかなかできませんね。

091129katsura04.jpg

 今日ここから出発したのは、花鳥に鳥沢ホールを紹介するためでしたが、いざ来てみると、あれ? ない…。

 跡形もなくなっています。
 鳥沢ホールが賑わうのは増水時限定ですが、平水位でも小さなホールがあり、ダッキーでならそこそこ遊べたはずです。ウワサも何も、全然聞いていなかったので衝撃でした。
 埋まったんかな…? ひょっとして、大月観測所水位が変わったのと同じタイミングでしょうか。

091129katsura13.jpg

 最も期待していたスポットが消失しており意気消沈しましたが、気を取り直して、遊べそうな瀬を捜し求めて彷徨いました。
 ようやく見つけたのは、核心部、キャンプ場の瀬の入口のドロップ。ただここは、ダッキーで沈するとヘタすると延々流されてしまうのでアグレッシブな気持ちにはなれません。

091129katsura17.jpg

 再び彷徨う。
 紅葉は、もう終わりかけてますね。そのためか、いつもは大渋滞の小仏トンネルも、今日はまったく混んでいませんでした。

091129katsura20.jpg

 最後の希望は、梁川のホールでしたが、ここが予想以上に状態が良く、花鳥の超お気に入りのスポットとなりました。ダッキーでは分からないのですが、底がよく掘れていて、カートが非常に決めやすいそうです。うまい人ならループも連続でできそうということでした。

091129katsura23.jpg

 このホール、名前はまだないと思われます。花鳥の頭に閃いたのは、「ともだち」という名前でした。フレンドリーだからという、ひねりも何もないチープな理由ですが、まあ神様と仰がれるお方の決めたことですからね。とりあえず私の川地図にはその名で書き込んでおくことにします。



 帰路の小仏トンネル渋滞は、たったの3kmでした。先月、久慈川で袋田の滝の大渋滞に巻き込まれたのが何だか遠い昔のように感じます。いよいよ冬がやってくるなあという実感が湧いてきました。

◆桂川放流状況

アッパー:11月26日日中まで強瀬の水位が1.17m。夕方から平常の1.13mに戻る。
ロワー:11月27日夕方から20時までの間だけ、大月の水位が最大1.9mに上昇。22時以降1.77mに戻る。

ニックネーム ラナ父 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1905988

この記事へのトラックバック