2009年10月18日

50 鳩ノ巣スライス(多摩川15)

水位:-2.52m(調布橋) 気温:21℃(青梅) 天気:快晴
区間:白丸ダム〜せせらぎの里美術館 メンバー:花鳥、後輩1号&川太郎(回送)


 今週はどこへ行こうか何も考える気が起きませんでした。先週末の長良川WWFですっかり燃え尽きてしまい、灰の状態から復活するにはまだまだ時間がかかりそうです。

 「明日は御嶽ですか?」
 「秋川か鳩ノ巣渓谷はどう?」
 「御嶽にしましょうよ!」
 「鳩ノ巣やと、楽しい堰堤越えがありますが?」
 「でも遊べるとこないでしょ?」
 「ないですね」
 「じゃー御嶽で!」

 こんな感じで、花鳥に言いくるめられる形で御嶽苑地に集合。しかしながら、何だかんだで鳩ノ巣でもオッケーということでした。

 鳩ノ巣渓谷はこれで通算三度目となります。白丸ダム直下の流れは、台風の名残か、少し濁りが入っていました。気のせいか、水量も気持ち多いような気がします。
 本日の核心部では、中央ルートを塞いでいたログが流されてなくなっていました。ということで、三度目にして初めて中央ルートから突破することができました。

091018hatonosu02.jpg

 今日は花鳥の要望に沿うために、意識的にプレイスポットを探しながら下っていました。記憶には皆無ですが、漫然と下っていたので、ひょっとしたら掘り出し物が見つかるかもしれません。果たして、鳩ノ巣大橋の下流に遊べそうなスポットを発見。フロントサーフィンなら延々と乗っていられますが、ちょっと小さいので回すのは大変でした。花鳥はバウを刺そうと試みていましたが、水深が足らず、難しかったようです。

091018hatonosu07.jpg

 その後、これという場所が見つからないまま、川井堰堤に到着。結構な迫力です。やはり前回より少し水量が多いような気がします。先週末の台風の影響で、支流にまだ水が残っているのかもしれません。これなら、事前にちゃんと調べとけば、マニアックな川を漕げたかもしれません。ちょっと後悔。

 花鳥が、ホールに捕捉されないかどうか、浮力体を使ってシミュレーションしていました。何回か実験を行った結果、大丈夫そうだと判断。しばらく留まっていることはあっても、最終的に突き出した部分に流れ、下流に弾かれます。

 花鳥、1本目。右岸側に逃げ過ぎて、ちょっと失敗気味。

091018hatonosu13.jpg

 2本目はキレイに落ちました。

091018hatonosu14.jpg

 3本目はムービーで撮影。もはや余裕ですね。




 私も3本落ちましたが、直前に底を擦って失速してしまい、真下に落ちてばかりでした。難しいなー。



 堰堤の下では二カ所ほど遊べるスポットを発見しましたが、規模が小さく、ずっと残って遊ぶというほどではなく。

091018hatonosu15.jpg

 一部、色づいてきているものがありましたが、紅葉シーズンにはまだ季節が早すぎますね。真っ盛りのうちに、もう一度くらい行ってみたいです。

ニックネーム ラナ父 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1868879

この記事へのトラックバック