2009年03月29日

★13 河津七滝フリーフォール(河津川1◆78)

水位:-0.15m(峰大橋) 気温:10℃(稲取) 天気:晴れ
区間:蛇滝上〜蛇滝下(0.1km) メンバー:後輩1号&川太郎(撮影)

 下田は清流荘の位置を地図で確かめると、河津川がお隣の河津町を流れています。
 河津川は、天城連山(最大1,406m)を水源とし、荻ノ入川を出合滝で合わせるなどして、静岡県賀茂郡河津町を南流し、相模灘に注ぐ二級河川です(幹川流路延長は9.5km,流域面積は79.9ku)。

 河津川といえば、河津七滝が観光名所として有名ですが、雑誌“playboating@jp”vol.5(03年10月)に巻頭記事で紹介されており、一部のパドラーにとってはクリーキングのフィールドとしてその存在を知られています。いつの日か下れるようになりたい…、と思っていた渓流。そんな憧れの川が、偶然予約できた宿のすぐ近くにある。何とも不思議な縁です。これぞ神のお導きに違いない。

 ところで、河津七滝は上流から順に次のような構成になっています。
 ※滝名(高さ/幅/長さ)
 釜滝(22m/2m)
 かに滝(2m/1m/15m)
 蛇滝(3m/2m/25m)
 初景滝(10m/7m)
 えび滝(5m/3m)
 出合滝(2m/2m)
 大滝(30m/7m)

 “playboating@jp”の記事では、釜滝下〜出合滝手前までを下降しています。その他、ネットで調べると、明治大学カヌー部さんが落差10mの初景滝を落ちた映像などが見つかりました。ここからは、滝落ちのプレイスポットとして楽しんでいる印象を受けます。クリーキングは難しくとも、こういうスポット限定での遊び方なら比較的実現は容易やなと。
 考えた結果、基本は蛇滝でスポット。できれば初景滝もチャレンジ。さらにできれば蛇滝〜初景滝まで通しで下りたい。かような計画を立てました。しかし初景滝なんかは高所恐怖症の私にとって明らかにキャパオーバー。かつてない機会に胸がときめく反面、極度の緊張と重圧で胸が押しつぶされそうになる平日を過ごしたのでした。

 さていよいよ今日を迎えました。
 下田から河津町に入り、R414を河津川沿いに北上していく。もちろん川相を確かめながら。10kmに満たない小河川ですが、天城連山南陵の水を集め、この規模にしては豊富な水量を有しています。下流域は浅く広がり、緩やかに流れ、何とか航下は可能と思われますが、両岸がコンクリで固められており、今ひとつ味気ない感じ。そのうち道路との高低差が広がり、川は見えなくなります。
 河津町営無料駐車場に到着したのは10時半。MAX80台という駐車場の埋まり具合は8割程度。観光バスが2台、停車しています。この先は車両進入禁止なので徒歩となります。まずは下見がてら観光しましょうとラナも連れてぶらぶら散策しました。駐車場のすぐ下にある遊歩道へ入ると、出合滝(であいだる:6番目)があります。



 落差は2mと書いてあります。七滝のうちでは最小の部類ですが、松坂の高速スライダーのような形状が与えるインパクトは巨大でした。一生、下れる気がしません。ちなみに遊歩道の終点では七滝のラスト、大滝の口が見えます。
 再び車道に戻り歩いていくと、かに滝(5番目)に下りる遊歩道の道標がありましたが、パスして初景滝(4番目)を目指すことに。駐車場から10分ほど歩いたところで、ようやく見えてきました。



 今回のプレッシャーの元凶となる滝です。うーん、実物見たら覚悟決まるかもと思いましたが、やっぱり怖いものは怖い。できると頭では分かっていても、どうしても萎縮してしまう…。あまりの緊張に胃が縮み、吐き気すら催してきました。思い切ってやるか、潔く止めとくか、まだ決められない。周りの観光客は、滝に見惚れる人あり、踊り子のブロンズ像と記念撮影する人あり、一様に楽しんでいて、私と同じ顔をした人は見あたりません。
 なお、幅広の舗装路はここで終わり。ここからは登山道となります。とはいえ、道幅も広く、手すりもあり、かなり整備されているので非常に歩きやすい。初景滝を巻き、さらに5分ほど歩くと目的地の蛇滝が見えてきました。

090329kawazu45.jpg

 高さ3mとあります。
 嘘やろ、と思いました。どう見ても5mくらいあるように見えます。しかしまあ、危険な障害物のない直瀑で、滝壷で巻かれたり、滝の裏に連れ込まれたりすることのなさそうな、非常にシンプルで美しい形状をしています。これなら滝落ち初心者の私でも何とかなりそうと感じました。
 さらに遡上して残りのえび滝、釜滝も見てみたかったんですが、残り時間が気になるので、後ろ髪引かれる思いで引き返すことにしました。
 駐車場に戻り、今度は着替えてから蛇滝まで向かう。ドライスーツ姿にダッキーを丸めたまま背負い、バリバリの観光地を歩いていきます。ほとんど罰ゲームです。周囲の好奇の視線は覚悟していましたが、意外にも無関心です。てゆうか、誰も目を合わせようとしない(笑)。

090329kawazu31.jpg

 再び蛇滝に到るや、今度は滝の上からじっくり下見します。滝に至るまでに落ち込みが二段。二段目が若干優しくなく、中央が浅くてスタックの可能性があり、左岸側から回り込む必要があります。例えるなら、プールの滑り台がカーブするとき、遠心力でアウトサイドに振られ傾きながら流される、そんなイメージです。あとは躊躇わずに勢いよく飛ぶ。これはもう、技術より度胸の問題、だと思っていました。

 滝崖は、六角形が規則正しく並ぶ柱状節理からなっており、本当に蛇の鱗のように見えるから興味深い。渓流はあたかも大蛇の胎内の脈動のようであり、そして瀑は斬られた首から迸る血飛沫のよう。大蛇伝説そのままの舞台に自ずと気持ちは高揚します。
 いよいよスタート。エディーでサイストラップを固く締め直し、深呼吸して一気に走る!

090329kawazu16.jpg

 最も意識を集中していたのは二段目の斜めスライダー。ここを乗り切ると、あとは加速をつけてブーフを…とイメージしていましたが、二段目でとんでもなく加速がついており、ほとんどオートマティックに「飛んで」いました。そう、「落ちた」というよりは「飛んだ(飛ばされた)」という感触でした。生まれて初めて味わう感触です。

090329kawazu21.jpg

 気が付けばもう着水。反射的に後方にのけぞっていたためか(水面に対しては垂直方向)、着水時に跳ねてややウイリーしましたが成功です。
 結局、七滝の名にちなんで合計七本、滝落ちを敢行しました。



 映像などで見る限りでは、

@パドルはロールのセットポジションのように横に持ち(ボートに平行)、
Aボートの着水面はバウ先、つまり水面に対して垂直になるようにして、
B前傾姿勢を取り、

落下しているケースが多いように見受けられます。そこで二本目は、着水時の姿勢を意識して落ちるようにしました。

 異変が起こったのはこの時です。

 前回同様にオートマティックジャンプし、そのままパドルは横に、前傾姿勢を取りました。自ずとバウは真下を向き、体は水面とほぼ平行の位置にあります。
 バウ先が水面にヒットする。しかし大して沈まない。ダッキーの持つ圧倒的な浮力が、沈没を拒絶します。するとある段階で急停止したようになり、サイストラップで固定した下半身はそのまま、頭部だけがさらに前方(この場合水面方向)に投げ出されてしまいました。その時、ゴキンと鈍い音が体内に響きました。腰骨と背骨の継ぎ目からです。腰椎が前にずれたような感じがしました。ひょっとして、「むちうち」みたいなもんか…?
 しかし不思議と痛みは小さく、背骨が延びたような感じがしただけでしたので、そのまま続けました。やり方が間違ってるんちゃうかと漠然と感じながらも、カヤックの動きを模倣していれば基本的には間違いないと思っており、深く考えなかったのです。さらにかような興奮状態においては、熟考する行為自体も難しい。

 七本目を終えた時点で終了。着水姿勢は結局何も掴めずじまいでしたが、過去経験したことのないエキサイティングな遊びを存分に満喫できました。その後は手すりに繋がれ欲求不満だったお嬢さんを乗せて滝壺の周りを漕ぎ巡ったり、泳がせたりで遊んでやりました。

090329kawazu28.jpg

 はい、すっごく目立ちました。滝落ち時点でも歩みを止めて見学される人は多かったですが、わんこと一緒ではさらにインパクトが強かったようです。まあ、好意的な人がほとんどで良かったですが。

 気分次第では、この後初景滝までの区間を下り、10mの滝落ちで締めくくりたいところでしたが、蛇滝で充分満足したのと、やはり10mは怖いのと、そして着水姿勢に自信が持てなかったのとで、次回のお楽しみということにしました。この頃になると腰が徐々に痛み出しましたしね。やっぱり痛めていたようです。漕いでるときに痛みを感じなかったのは、どうもアドレナリンで感覚が麻痺していただけのようです。
 しかしながら、後学のためにと川原に下りて下見だけはしときました。滝の真上まで歩いてみましたが、うーん…、こんな高さから落ちるのか…。



 痛む腰をさすりながら、この場を後にしました。

 さて、ようやく熱も冷めて落ち着きを取り戻した今、ダッキーの滝落ち時の着水体勢について考えてみたいと思います。周辺で参考になりそうなものを探しましたが、滝落ちについて記載があるのは、手元にはあいにくウィリアム・ニーリーの『カヤック』くらいしかありませんでした。きちんと調べるなら、和書ではダメです。洋書まで視野を広げて探さないといけませんが、資料検索に膨大な時間がかかりそうなので、今回はとりあえず今ある材料のみで考えてみたいと思います。

 まずは滝落ちの衝撃とはどれくらいなのか?
 計算すると、着水時の落下速度は、高さ5mで約35km/h、高さ10mでは約50km/h、高さ15mでは約60km/hにもなります。結構な衝撃だと容易に想像できますね。そら腰も痛めるわけですわ。
 ただし、衝撃の大きさは、着水時間に反比例します。静かなフラットウォーターと泡立つホワイトウォーターでは、後者のほうが柔らかく、落下速度が殺されるのに時間がかかるため、衝撃が小さくなるといえます。また、着水時の姿勢を飛び込みでいえば、背や腹から着水するのが一番ダメージが大きいですが、手先足先から沈んで、水中でゆっくり勢いを殺すと最もダメージが少なくなります。
 ここから、着水時の衝撃を軽減するために、状況に応じた「落ち方」と「落ち先」を選択することが重要なポイントになることが分かります。しかしながら、前述の『カヤック』には期待する答えは書かれていません。自分なりに仮説を立てて検証していくしかないようです。

 ◆落ち方について
 まずは上述したカヤックでの着水姿勢から検討してみます。

 @のパドルのセット位置は、着水時の衝撃でパドルが顔面などにヒットするのを防ぐためと考えます。ただし、ダッキー(リンクス)は浮力が高く、少なくとも今回の条件下(落差約5m/フラットウォーター)では上半身まで水没することがありませんでした。こういう場合では、最もバランスを崩しやすい浮上時にブレイスが出せるよう、前方に構えたままでも良いかもしれません。

 Aのバウ先から着水させているのは、着水時の衝撃を最小にする最も効率的な姿勢だからと考えます。飛び込みするとき、頭部や足先から着水するのと同じ理由です。ただしダッキー、ことリンクスではその浮力と形状(バウ先が反っている)により、船体が沈みにくいという特性があります。これでは、水中を潜り衝撃を殺すという目的が充分に果たせないということになります。

 Bの前傾姿勢は、重心を前方(水面側)に置くことで、バウ先を水面に垂直に保つためと考えます。逆に後傾姿勢だと、着水時にバウ先が弾かれ、バランスを崩しやすくなるのではと思います。

 ★作成中…

ニックネーム ラナ父 at 22:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 東海>河津川(河津七滝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラナ父さんこんばんは。

蛇滝の動画、なんか、すごい恐ろしげな事されてますねえ。
私なんざ、普通に足から飛び込むだけでも怖くて出来るかどうか・・・・・。

いや、とにかく凄いですが、他人事ながら「も〜、一人じゃないんだから〜」といいたくなる様な映像でもあります。
うーむ、奥様は何にもおっしゃらないんですか?

「腰やられました」って書いてありますが、大丈夫ですか?
Posted by やまかわ at 2009年03月30日 23:14
やまかわさん、おはようございます。
まだ少し寒い日が続きますが、桜の花もほころび始め、いよいよ春めいてきましたね。

蛇滝ですが、ジェットコースターみたいなもので、最初の二段の落ち込みのコントロールさえできれば、あとは勝手に加速がついて、オートマティックに飛ばしてくれます。途中に障害物もなく、滝つぼも深いので、見た目は迫力ありますけど、意外と安全ですよ。嫁は何て言ったかというと、「次は自分もやりたい」と(笑)。

「腰が…」というのは、着水を失敗したためです。たぶん軽い捻挫だと思います。おかげで嫁からは「滝落ち禁止令」が発令されました。今後滝落ちする場合は、川へ行くのとは別に許可制となります(笑)。
Posted by ラナ父 at 2009年03月31日 06:15
ラナ父さん こんばんは。

桜が随分開いてきましたねえ。
いや、私としたことが不覚でした。
あの白丸ダム動画のご夫婦の会話を考えれば、
いらぬ心配だと気づくべきでした。

捻挫とはいえ侮ってはいけません。
私は、20日ほど前の宴会で立ち上がろうとして挫いた足が、まだ治りきりません。
医者は2週間で治るといったのに・・・。
昔は医者が2週間といったら1週間で治ったんですけどね。
滝落ち禁止令は当然の措置でしょう。
Posted by やまかわ at 2009年03月31日 22:35
やまかわさん、こんばんは。

腰痛とは高校時代からの長い付き合いなので、割と慣れ親しんでいるのですが、今回のはいつもの疲労蓄積で起こるのとはちょっと違いますね。日常生活に支障はないのですが、ふとした動きでズキンときて、まだ痛みが引かない状態ですわ。今週末はアグレッシブな動きは控えたほうがいいかもしれないと、確かに思います。

やまかわさんも早いとこ良くなるといいですね。完治されたらいよいよ今シーズン開幕でしょうか?
Posted by ラナ父 at 2009年04月01日 02:39
すごい!!!すごいっすよぉ〜!!!
やってみたい!!!
関西でもポイント探してみます!!!

櫛田川の落ち込みと(出合付近の滝)とどちらが難易度高いですか?
ダッキートッループのメンバーがその櫛田川の落ち込みで
去年に轟沈してひどい目にあった経験があります
今年はリベンジに近々行く予定です

Aパドルはロールのセットポジションのように横に持ち(ボートに平行)の理由はなんですか?
もっと滝落ち動画が観たいです!!!
you tubeにもお邪魔しましたがそれ以外の滝落ち動画はありませんでした
Posted by 番頭 at 2009年04月02日 09:57
ラナパパさんすごいです。ダッキーで滝落ちとは。実際動画で見るよりはるかに実際は緊張しますよねー。尊敬いたします。いつも楽しみにブログ拝見していますが、ここまでやられるとは.......
Posted by へたっぴカヤッカー at 2009年04月02日 13:02
番頭さん、こんばんは。

>櫛田川の落ち込みと(出合付近の滝)とどちらが難易度高いですか?

水量により変わりますが、私の下った経験(櫛田4tくらい)で言えば、櫛田でしょうかね。あそこは落ちる直前に小さく巻いているので失速して、真下に落ちてしまうんですよ。

>今年はリベンジに近々行く予定です
まだ前回の事件を書かれてる途中でしたよね。続き楽しみにしてます。ちなみにリベンジするなら4tくらいのときがオススメですよ。

>Aパドルはロールのセットポジションのように横に持ち(ボートに平行)の理由はなんですか?
これは、普段のように前面に構えていると、着水時の衝撃で顔に当てたりして怪我するのを防ぐためとだ思ってます。ダッキー(リンクス)の場合、上半身が沈むようなことはあまり考えられないので、たぶん不要じゃないかと考えているんですけどね。

あと、私の滝落ちは、アップしているのが全部です。今回の七滝と、あとは櫛田、武庫川溝滝、中奥川のもあったはずです。中奥川はちゃんと飛ばないと捕まる上、レスキューが取りにくいのでかなり怖かった記憶があります。アズマックスという後輩が実際巻かれてましたし。

では番頭さんが新ポイント発掘&挑戦されるのを楽しみにしてます。でも腰にはくれぐれも気をつけてくださいね!

Posted by ラナ父 at 2009年04月02日 22:59
へたっぴカヤッカーさん、こんばんは。
はじめまして、ラナ父です。

花鳥のブログに時々コメント下さっている方ですよね。
龍王峡のことを調べているときにブログを初めて拝見しまして以来、拝読させていただいております。先週Actonさんも下られた片品川とか、よく珍しい川を下られていますよね。とても羨ましい限りです。
ところで、これを機にリンク貼らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
Posted by ラナ父 at 2009年04月02日 23:24
ラナパパさん、さすが求道者です。ラナパパは日本のBrian Vogtとかねがね思っていましたが、今回のログを見て Callaghan Creekのブログを思い出しました。

http://riverlog.blogspot.com/2006/09/callaghan-creek-bc.html

Braianはcreekin' rockと称しダッキーを極めた神ですが、ラナパパも日本のBraianになってください。

Brianのクリーク紀行で一番インスパイアーされたのはカリフォルニアのSouth Fork Silver Creekの滝落ちです。ラナパパも読んだ事があると思いますが...。

http://riverlog.blogspot.com/2007/06/south-fork-silver-creek-elf.html

わんことカヌーは日本のriverlogになってきましたね!!今後も期待してます。

Posted by Acton at 2009年04月05日 21:29
おはようございます。

>Callaghan Creekのブログ

いや、全然比較にならないですよ。
でも、11枚目の写真ですが、この人立った姿勢で滝落ちしてますよね。ダッキーの場合、この体勢がいいんじゃないかと(バックウォッシュがない場合)薄々感じているんですが、今後の参考にさせていただきます。


>カリフォルニアのSouth Fork Silver Creekの滝落ち

これは確か以前も紹介いただいたので、拝見したことがあります。といっても、写真見るだけで英文読んでませんけど…。15枚目の写真が圧巻ですね。思いっきり飛んでますね。

海外にも目を向けると、大いに視野が広がる好例ですね。ブライアン氏のようなクリーキングを、いきなりは無理でも、いつか実現させてみたいですね。

Posted by ラナ父 at 2009年04月06日 06:50
ご利用ありがとうございます。
その後の大滝温泉天城荘をお便りしてます。
またのご来館を心よりお待ちしております。

ブログ『萬葉の温泉天国・天城荘』等もやっております。
http://plaza.rakuten.co.jp/amagisou88888888/
オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.amagisou.jp/index.html

  伊豆 大滝温泉天城荘
Posted by ラピュタの妖精 at 2010年10月07日 16:52
“水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!

 こんにちは。
 こちらは、映画『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』のロケ地、伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘でございます。お世話になっております。
 昨年(2011年)9月の台風被害復旧が捗らず(※主に私有地内に町が施工管理する大滝一般見学者のための遊歩道)、余儀なく約半年間の休館をいただきながら独自に再開への備えを進めてまいりました。おかげさまで、大勢の皆さまからの応援とご協力によりこのゴールデンウィークに大滝(おおだる)温泉天城荘の営業を再開できました。多くの皆さまにまたおもてなしをさせていただけるようになりましたこと、ご当地の文化・経済・観光等に社会貢献できますこと、本当に感謝でございます。
 再スタートによって明確になった新たな課題や台風被害復旧の継続作業部分等もあります。真摯に、今後もコツコツ個性に磨きをかけて、一人でも多くの皆さまの健康と幸福のお役に立ちたいと存じます。
 これからも『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』ともども伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘、名勝河津七滝(かわづななだる)、国指定重要文化財天城山隧道、河津桜まつり等、何卒宜しくお願いします。
 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
 “水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!
☆ 突然で驚かれましたよね。このご縁、この思いが届けられればと願っております ♪
Posted by 大滝(おおだる)温泉天城荘 at 2012年07月13日 23:08
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1691528

この記事へのトラックバック