2009年03月21日

12 うっかりマックス(由良川1)

水位:0.88m(綾部) 和知ダム放水量30t 気温:17℃(福知山) 天気:快晴
区間:下替地(立岩上)〜笠原神社 メンバー:tomoさん、ABmax、YUKARIN、後輩1号&川太郎(回送)


 嫁は計画についてかなり口うるさい、否、きちんとしているほうです。私はといえば結構ムラっ気がありまして、初めての川を下る時以外はあまり細かいことまで考えず、その場その場で対応する場合が多い。例えば今回の帰省において、日曜日に結婚式出席後、妻子犬を置いて独り新幹線で帰るという予定だったんですが、切符の予約はさも当然というように促されます。私などは、頭の片隅では必要性を認識していながらも面倒くさくて駅に着いてから探すほうですね。そして全席満席なので自由席で立ちっぱで帰ってそうです。

 また、計画管理の範囲は他者にも及びます。在阪中に、久しぶりにアズマックスとともさんと一緒に漕げることになったんですが、マックスが彼女を連れてくるのを聞くに及び、自分たちが今回予備で持参してるのはウェアだけやから先に連絡しときと。子供やないんやから、もし足りひんのあったら向こうから聞いてくるやろと私などは思うんですが。まあ、おせっかい、否、他人まで気配りができるということなんですね。
 しかしここまでしても予想を上回り、期待を裏切らないのがアズマックスという男です。

 「あっ!」

 お前、ここまでオーソライズしてんのに何か忘れたんか…?

 「ヘルメット忘れました…」

 あ、そう…。
 彼女に自分のメットを被せ、自身はなんか、ダイバーみたいな帽子を被ってます。

090321yuragawa03.jpg

 「マックス、フネ忘れたんか〜? 忘れる思って一応持ってきといたで」
 tomoさん、ダッキー持ってきてるやないですか。わざわざマックスのために…。そういや何だかんだでこの人も非常に気配りできる人でした。

 「ダッキーは持ってきてます…。あっ!」

 また、どないした?

 「ライジャケ忘れました…」

 結局、事前にメールした意味なかったやん…。てゆうか、普通メットない時点で同時に気付くやろ。結局、ライジャケはうちの嫁のを使ってもらうことにして出発です。

090321yuragawa06.jpg

 先週下った桂川とは異なり、バンブーに囲まれているのでこの時期でも緑が濃いのがこの川の特徴です。そして、地味にハイウォーターでした。ひそかに上林川、土師川、高屋川(R27沿い)などの支流を狙っていたんですが、金曜日の雨はハズレで降雨量はゼロ。よって支流もカラカラで諦めざるを得なかったんですが、なぜだか本流だけは潤っており、ラッキーでした。立岩の瀬も豪快に渦巻いています。



 なかなか迫力のある絵が撮れそうだったので、ムービーを構えながら下ってみました。パドルが持てなくなるので流されるまま、です。しかし後で聞いたところ、プレイスポット(四段目)を通り過ぎてしまったようです。すみませんでした…。
 瀬の終わりには高さ20mはあろうかという巨大な岩が空高くそそり立っています。岩の上部には松が根を張り、緑に覆われ、何とも言えない風情があります。神流川の丸岩を想起させます。綾部マスターtomoさんによれば、この巨岩こそが立岩と呼ばれるものらしい。

090321yuragawa09.jpg

 その後も快適なウェーブが続いていました。割と大きなウェーブが立っていたのは山家の瀬。



 ここんとこ、規模の小さい川ばっかりだったからでしょうか。何度も下った川のはずなのに、波のパワーが新鮮でした。



 また、全然知らなかったんですが、プレイスポットも立岩以外に随所にあるようです。

 のどごしウェーブ
 生コンウェーブ
 生コン下

 など、教えていただきました。生コン下では何度か挑戦してみましたが、熟練すればダッキーでも存分に遊べそうな感じです。マックス艇も果敢に飛び込みましたが、あっさり撃沈して流されていきました。いやあ、昔を思い出すなあ。

090321yuragawa14.jpg

 笠原神社到着後は、ファミレスで昼食。ちなみに、このへんは綾部の中心地で結構栄えているんですが、なぜか周りにファミレスが全然ありません。
 帰路は思い切り渋滞でした。行きは90分やったのに、なんと150分もかかってしまいました…。VICSって、赤色表示されてなくても混んでる場合が多々ありますね。今回騙されまくってよく分かりました。

 さて、tomoさん、マックス&YUKARIN、本日はお付き合いいただいてどうもありがとうございました。なぜか全然久しぶりという感じはしませんでしたけど。

 では次はリバベンでお会いしましょう!


ニックネーム ラナ父 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 近畿>由良川(美山川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1686050

この記事へのトラックバック

由良川-03/21
Excerpt: [http://www.river.go.jp/nrpc0305gDisp.do?mode=&officeCode=22051&obsrvtnPointCode=3&timeAxis=60 水位:0...
Weblog: カヌーイストなラガーマン
Tracked: 2009-03-29 08:48