2009年09月26日

45 鳩ノ巣アゲイン(多摩川14)

水位:-2.58m(調布橋) 気温:26℃(青梅) 天気:快晴
区間:白丸ダム〜せせらぎの里美術館〜(徒歩)〜御嶽苑地 メンバー:ろみ&ぽん


 ろみぽんさんから川へのお誘いをいただきました。

 渇水の御嶽、長瀞では物足りないかなあと思い、候補を考えていたところ、ひとつ思いついたところがありました。

 鳩ノ巣渓谷です。

 いつも下っている御嶽から少し遡ったところに白丸ダムがあります。ここで取水した水は、多摩川第三発電所(=御嶽の放水口)で放流するというダム水路式の仕組みになっているので、普通に考えれば白丸ダムから御嶽放水口までの区間は水がなくてもおかしくありません。しかしながら、この区間には鳩ノ巣渓谷という有名な観光地があり、なんと景観維持のため期間限定(3/20〜11/23)で観光放流を行っています(推定放流量:5.3t)。ダムの直下といえば、周囲の景観は最高なのに、腐った水たまりが点在するだけの岩場がほとんどなだけに、ここの仕組みは注目に値しますね。

 昨年11月に下ったときは、時間の都合などから川井駅前で上陸しましたが、今回は御嶽放水口の上流側にある管理釣場ギリギリまで下ってみようと思い、せせらぎの里をテイクアウト候補に設定しました。


より大きな地図で 多摩川(奥多摩湖〜釜の淵公園) を表示

 10時ごろ、集合場所の御嶽苑地(放水口)から川を眺めると、期待していたほど水が流れていない。大丈夫かな…? ちょっと不安になりながら現地に到着してみると、ちゃんと放流されていました。おそらく放流開始時間が10時ごろで、まだ御嶽まで届いていなかったものと推測されます。水量は、昨年と同程度です。

090926hatonosu01.jpg

 さて、お二人には満喫してもらえるでしょうか…?

090926hatonosu03.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

44 東北ファーストトリップ(小国玉川1◆85)

水位:0.93m(玉川) 気温:21℃(小国) 天気:曇り時々晴れ
区間:中田山崎〜手ノ倉沢(交代)〜?? メンバー:ぺーさん、シバさん、takeさん、さっちゃん、tetsuさん、FCK元やん、Solaさん、後輩1号、川太郎(回送)


 齢32にして初めて東北の大地を踏みしめました。FCK元ヤンには幾度となく彼の地へお誘いいただいており、最初の訪問は福島県が濃厚と思ってたんですけどね。実際足を踏み入れたのは山形県は小国町でした。集合場所である「道の駅白い森おぐに」までの距離は約400km。ウチから長良川までの距離とほぼ同じです。所要時間は途中で食事休憩しながらでおよそ5時間半でした。

 今日ご一緒するメンバーは、関東からtakeさんとさっちゃん。そして地元東北勢にFCKの元ヤンとソラさん、仙台からはtetsuさん、ぺーさん、シバさんが来られました。ぺーさん、シバさんとは初対面です。
 行き先は荒川支流、玉川渓流。パドラーの間では「小国玉川」と呼ばれる清流です。

 玉川(小国玉川)は、飯豊山(いいでさん;標高2,105m;日本百名山)を水源とし、北流して小国町玉川にて荒川(小国荒川)左岸に流入する荒川水系の一級河川です(流路延長、流域面積は不明)。
 ちなみに本川の荒川も、平成20年全国一級河川水質ランキングで第1位に輝くほどの清流として知られています。

 このところ渇水続きで水量は過去最低らしく、下れるかは微妙なところらしいです。確認のために新田橋から崖下を覗いてみました。

090922ogunitama002.jpg

 眼下を流れる渓流は、思わず息を呑むほどの透明度でした。一口に「清流」といっても、ピンからキリまでありまして、例えばご近所の御嶽や桂川だって私は清流だと思っています。ここの「清流」は、ピンと断言してよいでしょう。橋からの眺めに、すっかり心を奪われてしまいました。
 水量は、ザラ瀬がちょっと厳しいかなという印象ですが、何とか下れるレベルにはあるように感じました。というか、これだけ完璧に近い透明度を誇る川なら、瀬ごとに歩く羽目になっても別に構いません。
 シバさんがみんなの意見を聞き、航下区間を設定しました。今日はこの方がリーダーのようです。後で漕ぎっぷりを見たり話を聞いた限りでは、私など足元にも及ばない、相当に経験を積んだ方のようです。

 プットインは、発電放水口のある中里のバス停からとなりました。ここから上流にもプットイン地点があるようですが、減水区間のため厳しいと判断されたようです。
 なお、ここが「中流コース」のプットインのようです。本日の航下コースは「中流コース」と「下流コース」を足したロングコースで、テイクアウト地点は赤芝ダムのバックウォーターに近い玉川地区の入川道。ここは私有地で立入禁止となっていましたが、ソラさんが事前に地主に挨拶に伺い、許可を得ていたようです。中間地点は手ノ倉沢出合。「下流コース」のプットイン地点でもあります。

 ◆川地図作成中

 川までの長い長い道を担ぎ歩いてようやく川原に到着。周辺は、大きな岩が転がるゴーロ帯でした。そして川の水は、雲間から光が差し込むと森の緑を溶かし込んだようなエメラルドグリーンに映えています。まさに宝石の輝きでした。

090922ogunitama011.jpg

 今まで下った中で最高クラスのキレイな川といえば、紀伊半島の赤木川、大塔川、小川がまず思い浮かびますが、それらに匹敵するほどの特Aクラスだと思います。ただ、水量は小国玉川のほうが圧倒的に豊富で、この規模の川でこの透明度を維持できている点では紀伊半島の三川より貴重と言えるかもしれません。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 19:23| Comment(6) | TrackBack(2) | 東北>小国玉川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

★43 晴天バーベキュー(多摩川13)

水位:-2.55m(調布橋) 気温:28℃(青梅) 天気:快晴
区間:御嶽苑地(放水口)〜楓橋(交代)〜二俣尾 メンバー:花鳥、みずっちファミリー、ナオ君ファミリー、後輩1号、川太郎(回送)

 いよいよシルバーウィークが始まりました。休日をフルに使って遠出したい気もしないでもないですが、小さい子供のいる我が家ではなかなか難しい。ということで、大型連休といえども結局は普通の週末と変わらず、御嶽に行くことに。

 唯一いつもと変わっているといえば、今回ファミリー色が濃い川下りだということ。先週の天竜川WWFで知り合ったみずっちファミリーと、近所の動物好きの子供N君ことナオ君ファミリーが一緒です。ナオ君は6月に一度御嶽に連れてきて一緒に下ったことがあります。ただ、前回同様に私の前に漫然と乗っているだけでは遊船やコマーシャルラフトと大して変わりません。ボートコントロールの難しさを知り、川の複雑な流れを読み、パートナーと力を合わせて漕いでこそカヌーの醍醐味が味わえるはずと思い(笑)、今回はナオ君パパとリンクスIIに乗ってもらうことにしました。ナオ君パパはバレーボールで結構すごい人らしいですが、カヌーは当然ド素人です。いやー、どうなるか楽しみですわ(笑)。

 まずは落水時の流され方、救助のされ方、スローロープの掴み方など安全面の説明。学生時代ラフトガイドだったみずっちにやってもらいました。

090920mitake05.jpg

 漕ぎ方の基本説明の後、出発。エディーキャッチ、フェリーグライドなど基本的な動きの練習を始めましたが、ナオ君艇、留まることができずにどんどん流されていきます。
 …

090920mitake09.jpg

090920mitake10.jpg

☆作成中…
ニックネーム ラナ父 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

★42 第13回天竜川WWF/ダウンリバー(天竜川2)

水位:-0.30→-0.32m(市田) -3.95→-4.01m(時又) 2.16m(天竜峡) 気温:26℃(飯田) 天気:快晴 区間:台城橋〜かわらんBAY(19.2km)
メンバー:tomoさん、花鳥、G君、ぽん、コニー、AZMAX、ユカリン、みずっちファミリー、けんぼー、魔王、UNKO-MAN夫妻、土人、ジロー、後輩1号

090913twwf02.jpg

☆作成中…
ニックネーム ラナ父 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

★41 第13回天竜川WWF/ファンスラローム(天竜川1)

水位:-0.53→-0.47m(市田) -4.47→-4.29m(時又) 2.88→2.79m(天竜峡) 気温:15℃(飯田) 天気:雨 区間:阿島橋〜かわらんBAY(10.8km)
メンバー:tomoさん、花鳥、G君、ぽん、コニー、AZMAX、ユカリン、みずっちファミリー、けんぼー、魔王、UNKO-MAN夫妻、土人、ジロー、後輩1号

090912twwf02.jpg

090912twwf04.jpg

090912twwf05.jpg

☆作成中…

ニックネーム ラナ父 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

★40 御嶽クルクル(多摩川12)

水位:-2.52m(調布橋) 気温:27℃(青梅) 天気:晴れ
区間:御嶽苑地(放水口)〜ミソギ(交代) メンバー:花鳥、後輩1号、川太郎(回送)

 今週は台風襲来ってことで胸をときめかせておったのですが、あいにく空振りだったというか、むしろ好天続きで周辺はいよいよ渇水の様相を呈してきました。
 渇水なら行き先はかなり限定されてしまいます。新規開拓熱が上昇しているタイミングだっただけに残念ですが、こればかりはしょうがない。ということで今週末は御獄でした。御嶽は、相変わらず大勢の観光客で賑わっていました。中には怪しげな撮影も行われていましたが…。

090906mitake01.jpg

 そして相変わらずの清流。ここは水質がホント安定して素晴らしいですね。

090906mitake02.jpg

 この水量下ではとくに遊べるスポットがないので、ほぼノンストップでミソギまで到着。ちなみにラナ、最近また右足を痛めたようで部屋の中では引きずってよたよた歩いていたんですが、あれはフェイクやったん? というくらいに元気に泳ぎ、走り回っていました。

090906mitake06.jpg

 ラッキーなことに、今日のミソギは貸し切りでした。今日の水位(-2.52m)では浅いながらもホールの巻きがきついのでそれなりに遊べるようです。



 花鳥に続いて私もスピン。クルクル回すことに注力しましたが、サイドの状態で掴まり、水がどばどば入るのでほとんどノーコン。沈しないように耐えるのに必死でした。



 4、5回ほど流されてようやく気付いたんですが、この水量ならサイドサーフィンで掴まってもリーンでギリギリ耐えることができます。ギリギリでも耐えられると分かれば余裕が生まれますね。今後はサイドで掴まらせずに180°単位で回せるようになることを課題としたいと思います。

 ひとしきり遊んで上陸。ここから楓橋まで戻ってクルマで待機していた嫁さんと交代しました。

090906mitake15.jpg

 テニスコートまでのショートコースでしたが、良い気分転換になったようです。

090906mitake15.jpg

 二人を見送った後、川太郎の水遊びに付き合いました。最近、川の近くだと下ろせと要求してきます。お望みどおり地面に下ろすと一人で遊び始めました。ちなみに拾い上げて抱っこすると遊び足りないと怒ります。食欲以外の欲求がだんだん出てきてんやなあと感心しました。

090906mitake20.jpg

 水着に着替えさせるのが面倒で水には浸からなかったんですが、小石を拾って投げたり、水面を叩いたり、楽しそうにしてました。これでまた親水性アップですわ。よしよし。



090906mitake22.jpg

★作成中…

ニックネーム ラナ父 at 05:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする